ADHD元小学校教師のフリーランス生活

自分の思考を記録する場所として自由に書き溜めています。ツイッター並の速度で今日も元気に更新中。

23年前の子供向け科学雑誌でリモートワークやSiriが予想されていた話

 

実家の自分の部屋を片付けていたら偶然出てきた雑誌より。

当時は本当に冗談半分にこれを読んでいたけど、一つの夢として憧れていたなぁ。

 

今、こういう子どもに科学の刺激を与えるような雑誌はどれだけ発行されているんだろうか。

23年前にこの雑誌で撒かれた好奇心の種は、今まさに社会の最前線を走る研究者やエンジニア達の原体験になっているんだろう。

自分はただ「いいなぁ」「すごいなぁ」で終わったけど、それで済ませずに今も開発の第一線で走り続けている23年前の6年生達がいるんだろう。

 

次の20年後の世界に向けて、今の子ども達にしっかりと科学の刺激という種は撒かれているんだろうか。

 

子供の科学 2018年 05 月号 [付録付き]

子供の科学 2018年 05 月号 [付録付き]

 

教員時代によく子ども達の目の見える所にそっと置いておいた雑誌。

他にもやってあげたいことはたくさんあったけど、締め付けの強い今の小学校教育ではとてもじゃないが出る杭にはなれなかった。