ADHD元小学校教師のフリーランス生活

自分の思考を記録する場所として自由に書き溜めています。ツイッター並の速度で今日も元気に更新中。

今更ながらバズ部の記事を読んでブログ運営を勉強してみた

バズ部の厳選5記事で学ぶSEO上位表示するブログの書き方7ステップまとめ

まだまだ知らないことだらけだなぁ。勉強しよう

2018/04/05 19:08


まだまだ知らないことだらけだなぁ。勉強しよう - tabisenのコメント / はてなブックマーク

 

さっそくバズ部のサイトを読んでみた。
読んだのはこれ。

bazubu.com

何故今までバズ部を読んでいなかったのか。
恥ずかしいなぁ。

WEBコンテンツの制作は本当に楽しくて、自分としては今後もライフワークにしていきたいと思ってる。
というわけで、このバズ部の1ページを読んで学んだことをひとまずこのブログにアウトプットしてみる。

 

良質なコンテンツとは?

検索意図に合った内容

イカの釣り方を知りたい人にイカの体の構造を教えても仕方ない。
何かを知りたいと思う人、その答えとしてのサイトの関係で検索が成り立っている。

意図を解決する

検索者は何故イカの釣り方を知りたいのか?暇を潰したい?自慢したい?
検索ワードの先にある潜在的な意図を察する

満足してもらえる内容

どう説明するか。動画?画像?図?表?
一番答えが伝わる方法を考える。

 

→これらを満たす記事を作ることで自発的なリンクやシェアをもらえる

 

コンテンツ作りの具体的な方法

1キーワードの選定

検索キーワードからユーザーのニーズを把握する。
検索ボリューム等も考慮。

2なぜそのキーワードで検索したのかを明確にする

ユーザーがいま

  • どんな状況?
  • 何を求めている?
表面ニーズ

ユーザーが求めている情報そのもの。

潜在ニーズ

情報を通してユーザーが解決したい実現したいと思っている願望。

 

→キーワード、検索数、表面ニーズ、潜在ニーズ、検索ユーザー像をエクセル等に書き出しておく

3アウトライン作成

タイトル

読むことで得られるものがストレートに伝わるタイトル

書き出し

ページを読むことで何を得てどんな悩みや願望を解決できるかを明確に

本文

満足する情報を徹底的にわかりやすく誰にでも実践できるように教える

結論

ページでユーザーが最も理解しておくべきことを明確に伝える

120%満足するコンテンツとは、「その人が求めているどんぴしゃりの情報を届け」かつ「その人の潜在的な悩みや願望を完全に解決させる」もののこと

 4コンテンツ制作

画像や動画は必要?

→よりわかりやすく実践しやすくなるのなら入れた方がいい。妥協しない。

 

途中で自分を売り込んだり商品紹介をしたくなる

→だめ。ユーザーのことだけを考える

 

5校正

  • 自分でも読みたいと思えるか
  • セールスやアピールが混じっていないか
  • ユーザーは実践できるか
  • 悩み願望を解決しているか
  • 誤字脱字
  • 音読して長く感じる文はないか
  • タイトルがストレート、具体的、簡便性、32文字以内を守れているか
  • 書き出しを読んで続きを読みたいと思わせられているか
  • 他のサイトよりも良い内容かどうか

 

これは自分のメインブログ記事を全て書き直したくなるレベル。

セールス&アピール、ユーザーが追試できるか、タイトルの簡便性、書き出しの工夫。
この辺は相当リライトしないと恥ずかしい内容になっていると思う。

まとめ

  • ユーザーを意識し第一に考えること
  • 問題解決に向けて徹底的に書くこと

これからメインブログで書く記事はもちろんのこと、過去の記事についてもできる限り修正していきたいと思った。

 

このブログ?このブログはアウトプットを通した自分の勉強目的だったり、不特定多数との交流目的だったりするからSEOは別に気にしないよ。